5月29日は呉服の日!週末限定ポイント10倍!!(5/29 23:59まで)

リネンのお手入れについて


麻は古くは縄文時代に縄として使用されていたという、とても丈夫な素材です。ヨーロッパではリゾートなどでカジュアルに着るイメージがありましたが、近年はリゾートに限らず、日常着としてとても重宝されています。

リネンというと春夏のイメージがありますが、実は秋冬も保温性に優れた通年着ていただける素材なのです。(このお話はまた別の機会に・・)

ポプリでもリネンの服を多く展開しています。

”汚れが落ちやすい”のでお洗濯が楽!普段使いの洋服にとても適したリネンのお手入れの仕方について、今回はお話しします。

ご自宅でのお洗濯は、軽く押し洗いしていただくだけで汚れが落ちますが、他の洋服と同じように洗濯機でも洗っていただけます。

その際はできるだけ摩擦に触れないように畳んでネットに入れ、中性洗剤を使っていただくことで、洋服へのダメージが少なく、長持ちします。

洗濯にお湯など使う場合もありますが、リネンには不向きです。予想以上に縮みが出たり色落ちの原因にもなりますので水で洗うことをおすすめいたします。

 
リネンのお洋服はシワも特徴です。横ジワは生活感が出てしまいますので、できるだけ取り除きましょう。

干す時に一度きれいに伸ばしてから縦シボを入れると、縦ジワが残り見た目もナチュラルな柔らかい雰囲気になります。きれいにプレスしたくなりますが、アイテムに合わせて好みで洗いざらしの風合いを楽しんでいただけたらと思います。

もし、アイロンをする際は濃色のものは縫い代の部分には当て布をして蒸気をあてると、当たりも出にくいです。折りジワも入りやすいので、できるだけハンガーにかけて保管しましょう。

ポプリの洋服はカラバリも豊富で、きれいな色が特徴です。
濃色のものは最初の2,3回は他の洗濯物と分けて洗っていただくと色も長持ちします。干す時は日陰で干すことをおすすめいたします。

オフの微妙な柔らかい色も、漂白剤や塩素系のものを使ってしまうと真っ白になってしまいますので、できるだけ使わずに優しい雰囲気を残した方が良いです。

ほんの少しの手間で洋服が長持ちしますので、ぜひ参考にしていただけたら幸いです♩